【サイクリング同好会】登坂距離48km!脚を削られながらの山岳ライド

September 8, 2019

 走行会屈指の健脚向けコースを走りました。獲得標高・登坂距離ともにかなりのものですが、峠ひとつひとつの標高差や平均勾配が緩めのため、数値の割には走りやすいルートともいえます。さて、今回の同行者は常連のKさん、この夏は、「グルっとまるごと栄村100kmサイクリング」や「マウンテンサイクリングin乗鞍2019」にも出場し、コンディションも良さそうです。

 普段より少し早い7:00に出発、ウォームアップする間もなく峰の茶屋への登りが始まります。万山望のバス停あたりの2kmくらいが少し勾配がきつくなりますが、走りなれた道でもありをクリア。8kmほど下った後、北軽井沢のコンビニで一服。まだ休憩をとるほどの距離ではないのですが、ここから安中まで食料を補給できるような店がないため、早めの休憩です。

 

 ここから二度上峠までは、最も気持ちよく走れる区間です。路面が良く、車も少ないため辺りは静寂。今日は天候も申し分ありません。穏やかなペースを保ち周りの景色を楽しみながら走りました。二度上峠では車道の直ぐそばにある展望台にも足を延ばしました。その眺望は素晴らしく、浅間山の山容やその手前に広がる台地の大パノラマを楽しみました。

 

  峠を後にして20km以上を下りきると、中間地点の高崎・権田集落へ。ここから地蔵峠をパスし、横川駅では、このルートの昼食場所に決めている「松一食堂」でゆっくり休憩を取りました。

  ここから疲労がたまった両脚にもうひと頑張りしてもらい、碓氷峠を目指します。いつものことながら、184のカーブ番号をひとつひとつ数えながら忍耐の登り、距離12km標高差600mの登りをクリアし、今回のランを締めくくりました。今回のルート、初チャレンジのKさん。まだ余力を残しているようです。来シーズンはさらに走りごたえのあるルートを入れなくては・・・

 

※今回の走行ログはstravaにアップしました。
https://www.strava.com/activities/2686291881

 

なお、次回のランは日程が9月14日(土)。距離短め荒船・妙義のコースです。皆様のご参加をお待ちしています。

また、日程表は今回を含めて、変更個所がいくつかありますので、最新版をチェックするようお願いします。

https://drive.google.com/file/d/1sJHSQgAxdmiWXs7vyl5dtGSyJyoQ-dGi/view?usp=sharing


 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

パーソナルトレーニングが利用出来るスポーツジム「スカップ軽井沢」

August 3, 2019

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload