top of page
  • 執筆者の写真SC軽井沢クラブ

7月・8月の軽井沢観光におすすめの冷涼スポット&グルメ11選

更新日:5月31日


夏に軽井沢観光をしたいと考えている方に向けて、7月・8月におすすめの軽井沢観光地をご紹介します。


軽井沢では冬季に休業となる施設も多く、夏は観光シーズン真っ只中です。しかしこれから観光に行こうとしても、「どこに行けばいいのか?」と迷ってしまう方も多いはず。また夏の暑さが気になる方もいるのではないでしょうか?


そこで今回の記事では、7月・8月に軽井沢観光に出かける方に向けて、暑さを避けられる観光スポットをご紹介します。参考にしていただければ、夏の暑い時期でも快適に軽井沢観光を楽しんでいただけるはずです。


軽井沢の秋の観光をお考えの方は以下の記事をご覧ください。


軽井沢の気候について

軽井沢の気候は、基本的に「冷涼」です。軽井沢は浅間山の麓に位置するため標高が高く、高冷地気候に属します。そのため避暑地として知られていることからもわかるように、夏は涼しく過ごしやすい気候です。ただし冬は寒さが厳しい地域です。


実際に軽井沢における2022年の平均気温を見ると、かなり涼しいことがわかります。



【平均気温データ】

1月

​-4.2度

7月

20.9度

2月

-4.1度

8月

21.1度

3月

2.6度

9月

17.7度

4月

8.5度

10月

9.7度

5月

11.8度

11月

5.8度

6月

16.7度

12月

-1.1度


8月でも21.1度しかありません。1月から2月にかけては-4度前後にまで下がることもあり得ます。データを見てもわかるように、軽井沢の気候は高冷地気候であり、夏は涼しく冬は寒いことがおわかりいただけるでしょう。


【涼しくて快適】おすすめ屋内施設

軽井沢は7月8月でも冷涼で過ごしやすい観光地ですが、屋内施設での観光であればさらに快適に過ごせます。そこでまずは、涼しくて快適に過ごせる屋内の観光スポットをご紹介します。


屋内施設1:軽井沢アイスパーク


「軽井沢アイスパーク」は、日本で最大級のカーリングホールです。国際大会にも利用されるほどのホールですが、初めてカーリングに触れる方でも利用できます。ブラシなどの必要なものはレンタル可能。基本的な服装さえ整えてこれば、すぐにカーリングが体験できる施設です。


初心者の方には、カーリングの基本動作からミニゲームまでを丁寧に指導するレッスンを用意。5歳から80歳の方まで利用でき、老若男女、経験を問わずカーリングを楽しめる施設です。三世代で軽井沢に観光に来るご家族の方にもピッタリの施設でしょう。


7月・8月の観光であれば、冷涼な軽井沢とは言えやはり暑さを感じるものです。気温が高い中でもスポーツは不快さや熱中症の危険性も。しかし氷上のスポーツであるカーリングなら、暑さを感じる季節のスポーツでも快適に行えます。軽井沢アイスパークは通年型の屋内施設なので、夏でも負担なくカーリングを楽しめる環境です。

住所

長野県北佐久郡軽井沢町大字発地1154-1

アクセス

JR「軽井沢駅」より車で15分

営業時間

9:00~22:00

電話番号

0267-48-5555

定休日

12月31日・1月1日

料金

【利用料金】大人800円、小・中学生400円、小学生未満無料

※1回1時間1人あたり※軽井沢町民は利用料金半額

【カーリング体験】60分2,420円(税込)90分3,410円(税込)120分4,540円(税込)

屋内施設2:軽井沢プリンスショッピングプラザ


画像素材:photo-ac (軽井沢プリンスショッピングプラザ)


「軽井沢プリンスショッピングプラザ」は、軽井沢を代表するショッピング施設。7月・8月の軽井沢観光なら行くべきところは多くあります。しかしやはり観光にショッピングは欠かせないのではないでしょうか。


軽井沢プリンスショッピングプラザにはレディース・メンズ・キッズのアパレルブランド店はもちろん、飲食店も入っています。軽井沢観光の思い出としてなにか購入したいと思われる方には最適。軽井沢土産の専門店もあります。


暑い時期の観光で屋外を巡っていると疲れるものです。軽井沢プリンスショッピングプラザは一般的なショッピングモールのように冷房も効いていて、快適な環境が整えられています。7月・8月の軽井沢観光で暑さを避けたい方はぜひ訪れてみてください。

住所

​長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢

アクセス

上信越自動車道「碓氷軽井沢IC」より約14分

営業時間

店舗と日程による

電話番号

0267-42-5211

定休日

無休

屋内施設3:旧三笠ホテル


画像素材:photo-ac (旧三笠ホテル)


「旧三笠ホテル」は営業していた当時、軽井沢における高級ホテルでした。現在の金額に換算すると、1泊200,000円ほどの宿泊料。昭和45年にホテルとしては閉館されました。


現在では国の重要文化財に指定されており宿泊はできませんが、内部は当時の雰囲気をそのまま残しています。まるで大正時代にタイムスリップしたかのような屋内の雰囲気にはロマンティックさを感じるはずです。営業当時のものがそのまま残されており、記念撮影用に座れるソファも用意されています。


ただし2023年11月現在、耐震補強を含めた修理を行っているため休館中となっています。再度開館するのは令和7年夏の予定なので、訪れる際にはホームページなどを見て営業状況を確認してください。


住所

長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1339-342

アクセス

JR・しなの鉄道「軽井沢駅」より車で約6分

営業時間

9:00~17:00

電話番号

0267-45-8695

定休日

年末年始

屋内施設4:軽井沢絵本の森美術館

画像素材:photo-ac (軽井沢絵本の森美術館)


「軽井沢絵本の森美術館」は国内外のさまざまな絵本を展示する美術館です。3つの展示館があり、それぞれ異なるテーマの絵本を展示。第3展示館では「ピーターラビットシリーズ」を常設展示しています。


また展示館以外に「絵本図書館」も併設されており、海外の絵本を中心とした1,500冊を実際に閲覧できます。絵本が好きな大人の方、小さなお子様であれば、1日中楽しめる施設ではないでしょうか。


期間ごとに企画展覧会も開催されており、何度訪れても違う魅力を発見できる施設です。エリア内には「木のおもちゃのお店」や「エルツおもちゃ博物館軽井沢」もあり、大人の方でも童心にかえって楽しめる観光スポットとなっています。

住所

長野県北佐久郡軽井沢町長倉182(塩沢・風越公園)

アクセス

「碓氷軽井沢IC」より車で約15分

営業時間

5月~10月:9:30~17:00、3~4月・11~1月:10:00~16:00

電話番号

0267-48-3340

定休日

要問合せ

料金

大人950円、中高生600円、小学生450円、小学生未満無料

【体感温度を下げる】人気自然スポット

7月・8月は軽井沢観光中でもやはり少々暑く感じられるものです。そこで続いては、体感温度を下げられる人気の観光スポットをご紹介します。


ひんやりとした涼しい感覚を味わえる、自然豊かなスポットをピックアップしました。夏の軽井沢観光で暑さを感じたら、ぜひ避暑地として訪れてみてください。


スポット1:雲場池

画像素材:photo-ac (雲場池)


「雲場池」は周辺の木々が水面に映る様子が大変美しい池です。「スワンレイク」とも呼ばれています。1周するのに20分ほどとそれほど大きくはありませんが、穏やかな軽井沢を観光したいときにうってつけです。


池がある上に木々が多いため、周辺は軽井沢の中でも7月・8月も冷涼。美しい自然も堪能できるため、避暑地として軽井沢を訪れる際にはぜひ立ち寄りたい場所です。


夏の避暑地としてはもちろんおすすめですが、秋になると紅葉が水面に移ります。年間を通して違う魅力を楽しめる場所なので、何度も訪れたくなるでしょう。

住所

長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢

スポット2:白糸の滝

画像素材:photo-ac (白糸の滝)


白糸の滝は「観光百選滝の部」の第1位に選ばれたこともある名勝・天然記念物です。幅150mもある絶壁からは複数の滝が流れ落ちます。本滝以外のほとんどは富士山の湧水であり、7月・8月の軽井沢観光スポットとして高い人気を誇る場所です。


滝の水温は年間を通して12度前後となっています。大小複数の滝が流れ落ちているその周辺は冷涼であり、さらにマイナスイオンを浴びられるはず。滝壺には近くに多くの緑があり、見た目の美しさも格別です。

住所

長野県北佐久郡軽井沢町長倉(小瀬)

アクセス

「碓氷軽井沢IC」から車で約50分

電話番号

0267-46-3165※問い合わせ先

スポット3:石の教会

画像素材:photo-ac (石の教会)


「石の教会」は名前の通り、石材とガラスとでつくられた教会です。自然と建物がひとつに溶け合うことをモットーとして作られており、軽井沢の自然にふさわしい雰囲気。教会の中は夏でもひんやりとしていて、7月・8月の軽井沢観光で熱くなった身体を冷やすのにピッタリです。


教会の内部はやわらかな光が差し込む幻想的な空間。窓からは軽井沢の美しい緑が見られます。オーガニック建築であるため、軽井沢の自然と無理なく調和。「神がつくりだした自然こそが祈り」とのモットーがあり、無教会思想であるため結婚式にも利用されています。

​住所

長野県北佐久郡軽井沢町星野

アクセス

上信越自動車道「碓氷軽井沢IC」より車で20分

営業時間

10:00~17:00

電話番号

0267-45-2288

定休日

要問合せ

料金

要問合せ

スポット4:軽井沢野鳥の森

野鳥のイメージ


ネイチャーツアーが楽しめる「ピッキオ」の一部である「軽井沢野鳥の森」。クリ・ミズナラ・カラマツなどの木々が生い茂る中、四季によってさまざまな姿を見せる自然を満喫できます。


軽井沢野鳥の森は基本的に森の中にあるため、7月・8月の軽井沢観光でも涼しく過ごせる観葉です。森の中にはツキノワグマやニホンカモシカなどの動物が生息。ただし突然クマに出会うと危険なので、無料でクマ避けの鈴をレンタルできます。夕方以降であれば、かわいいムササビの姿を目撃できるかもしれません。


また動物が見られなかったとしても、四季折々の花や植物たちを観察できます。夏に軽井沢らしい自然を満喫したいと思われているなら、おすすめのスポットです。

​住所

長野県北佐久郡軽井沢町長倉星野2148

アクセス

JR・しなの鉄道「軽井沢駅」より車で約15分

電話番号

0267-45-7777

定休日

要問合せ

料金

要問合せ

軽井沢のアクティビティ施設をお探しなら、以下の記事をご覧ください。



【この夏食べたい!】カフェ&スイーツ

観光に出かけたら、その土地ならではのグルメを味わいたいと考える方も多いでしょう。そこで最後に、7月・8月の軽井沢観光で味わいたいカフェ&スイーツのおすすめショップをご紹介します。


スポット1:ミカドコーヒー 軽井沢旧道店

コーヒーソフトイメージ


「ミカドコーヒー 軽井沢旧道店」では、香り・コク・酸味・苦味のバランスが絶妙のコーヒーを味わえます。またモカソフトが人気で、喫茶メニューの人気第1位は「ミニモカ&コーヒーセット」です。


お店の外観・内装ともにレトロな雰囲気で、店内に入るだけで独特な雰囲気が味わえる店舗。「軽井沢にきたら絶対に立ち寄る」と言うお客さんもいるほど人気の喫茶店です。


7月・8月の軽井沢観光では暑さで喉が乾いたり、冷たいものが欲しくなったりすることもあるでしょう。ぜひミカドコーヒー 軽井沢旧道店に立ち寄って、絶品のコーヒーやモカソフトを味わってみてください。


住所

長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢786-2

アクセス

JR・しなの鉄道「軽井沢駅」より車で約4分

営業時間

​11:00~16:30

※ラストオーダーは16:00

電話番号

0267-42-2453

定休日

無休

料金

メニューによる

スポット2:旧軽井沢Cafe 涼の音


モーニングのイメージ


「旧軽井沢Cafe 涼の音」は、歴史的建造物として登録有形文化財に認定された建物で営業されるカフェです。明治21年に建てられた宣教師の別荘と同じ間取りであるため、明治時代から存在しているとされています。


そのため建物を見るだけでも価値がありますが、カフェメニューも豊富です。モーニングからランチ、ドリンクメニューまで豊富にそろっており、小腹が空いたとき、観光で喉が乾いたときなどにおすすめします。店内で飲食をすれば、軽井沢の歴史を肌で感じられるはずです。


住所

長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢972

アクセス

​JR・しなの鉄道「軽井沢駅」より徒歩5分

営業時間

​9:00~17:00

電話番号

0267-31-6889

定休日

水曜日

料金

メニューによる

スポット3:リビスコ 軽井沢店

牛乳ソフトクリームのイメージ


「リビスコ 軽井沢店」は鮮度の高い牛乳と生の果物からつくられる、ジェラートを販売するお店です。産地にこだわり、旬の食材を使うことを心がけているリビスコ 軽井沢店。丁寧につくられたスイーツが食べたいと思われている方にもおすすめします。


卵を一切使用していないため食物アレルギーがある方でも安心して食べられます。糖分を最小限に抑えて、食材の味を活かしたスイーツを提供しているためダイエット中の方にも良いでしょう。


ただし生の果物を使っているため、季節によってラインナップが変わります。春はデコポン、夏はスイカ、秋は巨峰など。旬の果物を使ったジェラートの中から、お好みのものを選んでください。

住所

​長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢746-4

アクセス

JR・しなの鉄道「軽井沢駅」より車で約4分

営業時間

10:00~

電話番号

0267-42-9113

定休日

要問合せ

料金

メニューによる


7月・8月の軽井沢観光の参考に

いかがでしたでしょうか?この記事を読んでいただくことで、7月・8月におすすめの軽井沢観光スポットがご理解いただけたと思います。


7月・8月は軽井沢にとって観光のベストシーズンで、選べるスポットも多いはずです。今回の記事でご紹介した内容も参考に、充実した観光になるよう計画を立てましょう。


スポーツコミュニティー軽井沢クラブでは、夏を存分に満喫できるリゾートアクティビティやスポーツプログラムを準備しています。暑さをしのげる「軽井沢アイスパーク」とともに、スポーツを楽しみたい方はぜひ観光の一環として訪れてください。


また、カーリング体験のご予約も可能なので、ぜひ以下から申し込んでみてください。



閲覧数:3,273回

Comments


bottom of page